SEという仕事について

つい最近まで就職活動を行っていましたが、どうもIT業界は今人気があるようです。求人では基本的にはシステムエンジニアの募集が多いのですが、応募している人たちにとって、ITのシステムエンジニアの魅力とは一体何なのでしょうか。
良く出てくるのが、システムエンジニアは技術職に近いため、営業職と比較されることが多い、というものがあります。
営業としてのコミュニケーション力にはちょっと自信がないから……という、やや後ろ向きな理由でこの仕事を選ぶ人も多いと聞きます。

システムエンジニアは、プログラミングとしての仕事ももちろんあるのですが、それよりも、依頼者や仕事相手との交渉がかなり重要になってきます。
お互いに目指すものは同じはずなのですが、それでも話し合いが不十分だと「お互いが納得して作ったはずなのにいざ納品が完了してみると相手から違うと言われてしまった」というケースも、日常茶飯事になってしまいます。

基本的に、システムというのは1から組み立てるものが多いため、このような事態が起こった時に「間違ってるところだけ直そう」というのはなかなかできません。
かなりはじめの方まで戻ってやり直しとなってしまい、コストもかかってしまいます。そのために全体の仕事も増え、そして納期までの時間は刻一刻と迫る……この業界の残業時間は、おおよそこのような事態から発生しているのではないでしょうか。
このように、システムエンジニアに転職したい方は、ある程度の仕事内容などを頭に入れておくべきでしょう。
もちろん、さまざまな知識も身に付けるための日々の勉強も欠かせません。まずは、こちらの【出来るシステムエンジニアの勉強法を伝授】というサイトを覗いてみるのもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.